ロクアイつれづれ2

nkyoshii.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2014年 08月 05日

オオウバユリ・祖廟・信行道場・葉つき銀杏

台風12号と11号が日本列島に雨・風吹き荒れさせると言う予報の中、山梨県の身延に出掛けていました。
毎年このグループの行事に参加していますが、同じ場所で見る花たち、年によって逢い方に違い有り不思議
感じます。
オオウバユリ(大姥百合)」 ユリ科 身延 祖廟
久しぶりに群落大きく花たっぷりです。
d0261298_029070.jpg

d0261298_0293442.jpg

日蓮上人祖廟 
d0261298_0335145.jpg

信行道場 
d0261298_0352445.jpg

樹々がうっそうと茂って作る木陰は涼しいです。
身延の坊と商店街が立ち並ぶところから少し外れたところ本國寺に、日蓮上人がお手植えの木も有ります。
イチョウ(銀杏) イチョウ科 茎からでなく葉から栄養を取ってきたようです。殆どは他の木と同じ実ですが、中に葉の先から。
d0261298_0523192.jpg

蓮の花が綺麗でしたので明日ご覧下さいね。

by nkyoshii | 2014-08-05 05:07 | つれづれ | Comments(2)
Commented by yachotori at 2014-08-05 19:23
温暖化が進んだり異常気象があったりと、環境の違いで同じ場所の花
も咲き方がちがうんでしょうか。オオウバユリはこの地方に分布するも
のなんでしょうね。木陰が涼しいとはいえ、この坂道、階段登るのは大
変でしょうね。
Commented by nkyoshii at 2014-08-05 22:04
yachotori様
5日間の日程のずれはありますがいつも同じ時期の行事、ハナやトリに
セミの動静に耳澄ませて楽しんでいます。オオウバユリはハナの多い
高山で見かけたものです。身延の宿坊玄関までには坂と階段が付きも
の、宿坊も日程同様替わるので、急な坂バス停から遠いのは辛いです。


<< 七面山?・清水・万両・芙蓉・蓮      ツバメ・カワラヒワ・ハクセキレ... >>