ロクアイつれづれ2

nkyoshii.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2016年 08月 01日

身延久遠寺五重塔・本國寺(オハツキイチョウ)・清水坊・ツバメ

毎年この時期に開く企画、今年は回数を減らして開催のため、金曜夜出発の我々のグループは100名
の出発日変更者が加わり、初日でも有りいささか混乱見えましたが無事終了、本隊は今朝身延出発し
て昼過ぎ大阪に戻る予定です。
身延山久遠寺五重塔  清水坊から
2009年5月、明治8年の大火による焼失より134年ぶりによみがえった宝塔。 木材は全て国
産を使用し、設計から工法にいたるまで400年前に建てられ たのを復元、だそうです。
d0261298_735133.jpg

本國寺 本堂 青空見るだけで暑さ思い出します。大木の陰で和尚様のご法話拝聴。
d0261298_8125889.jpg

この寺のご自慢オハツキイチョウかと思いますが、すっきりしたいい葉は見つかりません。
d0261298_8105946.jpg

他の実はとても立派です。
d0261298_8112737.jpg

清水坊 
我々グルーブの宿泊坊、ここに荷物置いて七面山登頂や身延の寺院巡りして別の坊に1泊、最期の日全員揃ってここに1泊します。
我々JRで一足早く帰宅する女子が着替えする本堂、こんなグループも預けていました。
d0261298_7463781.jpg

御仏も目を背けて居られたことでしょうね。
数人ずつ入ってきたので、威圧感はありませんが、彼女たちの体格も立派、スーツケースの大きさ
「とても持てないわ~」

玄関へ宅配便依頼の為行くと・・・奥様のお友達の作品だそうです。
d0261298_7524679.jpg

d0261298_7532282.jpg

d0261298_815754.jpg

最近の坊 ベッドの所は未だ見ていませんが、椅子席の準備やトイレの洋風化は進んできました。
ツバメ 親と変わらぬ大きさなったのも電線まで出て餌待っていました。
d0261298_823127.jpg


by nkyoshii | 2016-08-01 07:33 | つれづれ | Comments(2)
Commented by yachotori at 2016-08-01 19:18
再建された五重塔、荘厳な雰囲気が一層引き締まるのでしょうね。
大きなスーツケース、海外から参加される方ということでしょうか。
椅子やトイレの洋風化での対応も必要なことなんでしょうね。
ツバメ、凛々しく育った姿、格好よく撮れてましたね。
Commented by nkyoshii at 2016-08-01 19:58
yachotori様
大きなスーツケースは外国からのお客、泊まりもしているようなので
すが、畳に布団が珍しいのでしょう。まだまだ設備が外人さん達に快
適と言いがたそうですが、洋風化進んでくれると私も助かります。
ツバメここには沢山居て、比較的低いところに居るので目が出ました。


<< ペチュニア      オオウバユリ >>