ロクアイつれづれ2

nkyoshii.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2016年 12月 20日

まだまだ朱い台湾楓・落葉した木々たち

寒い日も有りましたが、年の瀬半ば過ぎで暖かな日があるのは有り難いです。昨日月曜日は移動販売車が来たので買い物は
そこで済ませ、のんびりシティヒルの鳥尋ねましたが、ハクセキレイも姿見せませんでした。メジロは常緑の茂みの中から
声がしても見つけられません。
タイワンフウ(台湾楓) マンサク科 こちらは葉が大きく三裂しています、三裂の葉で小さい物は「トウカエデ」でした。
ウエスト3番街バックに
d0261298_06192629.jpg
イースト4番街からリックル公園の眺め
d0261298_06192616.jpg
子ども達が遊ぶ広場の木も殆ど葉を落としていますが、このようなのも未だ残っています。
イースト2番街蔦の生け垣の奥は窓ガラスです。
d0261298_06315928.jpg
d0261298_06320958.jpg
ビルは左からW2、W3、E3
d0261298_06320982.jpg
d0261298_06343631.jpg
↑の奥はまだまだ朱い↓です。
d0261298_06344607.jpg
d0261298_06344625.jpg
昨日は風はやや冷たく感じましたが、傘無しで日差し受けると頭のぼせました。


by nkyoshii | 2016-12-20 06:43 | つれづれ | Comments(2)
Commented by yachotori at 2016-12-20 18:44
ほとんど葉を落とした木々の中で、まだ紅葉、黄葉がきれいに残って
いる木もあるんですね。日差しが透けて見え、とてもきれいな色彩に
なって、物語の挿絵などにも使えそうです。
Commented by nkyoshii at 2016-12-20 19:56
yachotori様
葉が落ちてしまった並木を冬空の雲が多い日に見ると暗い気持ちになりま
すが、すっきり青い空のもと名残りの彩りは一層華やぎ見せています。
矢張り暖かさが気分も浮き立てて居るのかも知れません。多少冷たい風も
青空があれば紅葉の下で気持ち華やぎます。


<< 橋脚下とリバーモールの花たち入...      橋脚下花壇の植え替え >>