ロクアイつれづれ2

nkyoshii.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2017年 09月 22日

山法師・紫苑・女郎花・小紫・吾亦紅・狐の孫・ツルボ・釣り鐘人参・縷紅草

昨日は「EVSひろば」10月当番を決める日、午後からSさんと二人で足りないサポーターのヤリク
リに頭使い疲れました。高齢者の住むマンション次々と支障者出て老々介護実感しています。
彼岸の入りに尋ねた錦織公園と金剛の花たち続きです。
ヤマボウシ(山法師)ミズキ科 ちょっと急な階段から公園内に入る階段途中の木
d0261298_3522943.jpg

花をよくご紹介していますが、今年は朱い実少なくて淋しいです。この木無ければ少し回り道でも
門のある入り口から入る方が手すりない階段使うより安全なのですが。
続いてトサミズキの花の坂道上がり鳥の声聞きながら結構急な坂下り、又登って里の家に着きます。
シオン(紫苑) キク科 今年は未だ花の盛り前、蝶が乱舞する素晴らしい景色はお預けでした。
d0261298_3524314.jpg

d0261298_3525374.jpg

オミナエシ(女郎花) オミナエシ科 この花も減り、オトコエシ(男郎花)の白花もあったのに。
d0261298_4373222.jpg

コムラサキ(小紫) クマツヅラ科 羽曳野丘陵続きの土地、自生の紫式部を植えて欲しいですね。
d0261298_3551332.jpg

色鮮やかで実もたわわ、でも風情は紫式部に負けます。
d0261298_3564942.jpg

ワレモコウ(吾亦紅) バラ科 沢山の花付けているのもありますが、撮りにくい花です。
d0261298_3582016.jpg

キツネノマゴ(狐のまご) キツネノマゴ科  雑草です
d0261298_403672.jpg

ツルボ ユリ科  
d0261298_421788.jpg

ツリガネニンジン(釣り鐘人参) キキョウ科 うつむいたり倒れたり、いい姿のは少ないです。
d0261298_4331100.jpg

タマスダレ(玉簾)  ヒガンバナ科 里の家裏口に続きます。
d0261298_445685.jpg

d0261298_45858.jpg

ナタマメ(鉈豆) マメ科 別名 タテハキ(帯刀) 寺池台住宅地方面入り口近くの畑
d0261298_471111.jpg

チャ(茶) ツバキ科 茶畑もあります。刈り込みのせいか木にへばりついて咲きます。
d0261298_475975.jpg

昨日ご紹介の百日草に来ていたナミアゲハがいた庭。急坂途中住宅が建ちます。
d0261298_41035100.jpg

ルコウソウ(縷紅草) ヒルガオ科
d0261298_4113148.jpg

折々訪れる公園ゆっくりできれば鳥達との出会いもあります。次は10月兄の祥月命日でしょうか。

by nkyoshii | 2017-09-22 04:38 | 錦織公園 | Comments(2)
Commented by yachotori at 2017-09-22 17:01
ヤマボウシの赤い実が少なくても、次は紅葉が楽しめますね。
コムラサキの実、鮮やかな色が目に飛び込んできました。紫
式部の方が実が並んできれいに見えますかね。名前の楽しい
狐のまご、尾が小さいですね。里山の風情と花たちを楽しく
見させて頂きました。
Commented by nkyoshii at 2017-09-22 17:46
yachotori様
いつもご覧になっている山里の景色でしょうが、人工島に住んで居
ると懐かしい花が揃って雑草まで嬉しいです。紫式部は実が並びま
すがまばらだったと思います。山に行っていないので滅多に逢えま
せん。キツネノヒマゴ探したいです。お楽しみ戴けたら幸いです。


<< 野鳥園カルガモ・バン・アマサギ...      大錦草・葛・韮・シオカラトンボ... >>