ロクアイつれづれ2

nkyoshii.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:六甲高山植物園( 21 )


2017年 06月 07日

浜梨・山椒薔薇・白馬浅葱・岩唐草・サルマ ヘンリー・手毬肝木・ハンショウヅル・大葉大山蓮華

六甲高山植物園最終回です。yasさん夫妻と三人で出掛けましたが、ほとんど一緒に撮り歩いたつもりでも、
撮り方は勿論撮った花も随分違っていて慌てています。歩いた範囲は私が一番広いのですが、使える写真
は一番少なくて悔しいです。
ハマナス(浜梨) バラ科 オオヤマレンゲに並んで西入口手前に大木がありましたが園内のは花立派。
d0261298_637851.jpg

d0261298_6372029.jpg

サンショウバラ(山椒薔薇) バラ科 遠目に見たときは色違いの浜梨に見えましたが葉が山椒。
ワンクリックでお確かめ下さい。
d0261298_7373510.jpg

クリンソウ(九輪草) サクラソウ科 開園始め頃職員が植えて下さる湿地一帯です。
d0261298_6413432.jpg

d0261298_642869.jpg

イブキトラノオ(伊吹虎の尾) タデ科 こちらも広く咲き乱れています。
d0261298_6433274.jpg

d0261298_6434535.jpg

ノハラフウロ(野原風露) フウロソウ科
d0261298_6443245.jpg

マツムシソウ(松虫草) マツムシソウ科
d0261298_6451898.jpg

トロリウス・エウロパエウス キンポウゲ科
d0261298_6462018.jpg

ウツボグサ(靫草) シソ科 終わりかけていたようですが、片隅に咲く花見つけました。
d0261298_6473578.jpg

コアジサイ(小紫陽花) ユキノシタ科 これから花盛りに。
d0261298_6481714.jpg

シロウマアサツキ(白馬浅葱) ユリ科 ぎりぎり間に合ったようです。
d0261298_6485517.jpg

キリンソウ(麒麟草)  ベンケイソウ科
d0261298_6504454.jpg

エリヌス・アルピヌス  ゴマノハグサ科 和名イワカラクサ (岩唐草)
d0261298_6513556.jpg

サルマ・ヘンリー ウマノスズクサ科  初めてみたように思います。
d0261298_6541195.jpg

テマリカンボク(手毬肝木) スイカズラ科 終わりかけ、見た目より撮ってみれば綺麗な花でした。
d0261298_655116.jpg

ハンショウヅル キンポウゲ科 日本原産のクレマチス  
入ったときは気づきませんでしたが、サラサドウダンの下にひっそり。
d0261298_6563563.jpg

オオバオオヤマレンゲ(大葉大山蓮華) モクレン科 今回の植物園撮影の目玉 !
d0261298_6575170.jpg
 
小高いところですが登るのは辛いと思っていたら入り口手前で出逢えました。しかし、やはり園内のは見頃で
いい花たちが揃っていたのですが・・・
d0261298_703764.jpg

嬉しさの興奮からか、暗いところでもありいい花撮れずyasさんに戴きました。
次回出掛けるのはアケボノソウの9月かと思っています。

by nkyoshii | 2017-06-07 07:31 | 六甲高山植物園 | Comments(2)
2017年 06月 06日

食虫植物・草橘・糸金鳳花・ジプソフィラ・色丹はこべ・蝦夷瑠璃草・白山サイコ・駒草

六甲高山植物園ご紹介は三回に纏める積りでしたが、整理が悪い上思い切りわるく今回で終えられません。

今年クリンソウが咲く湿地帯の続きが小川に作り変えられ、お馴染みの花がなくなり食虫植物が広がってい
ました。
ハエトリグサ(蠅捕草) 別名ハエトリソウ、ハエジゴク モウセンゴケ科
葉を素早く閉じて獲物を捕食する姿が特徴的だとか。 
d0261298_037711.jpg

サラセニア・プルプレア サラセニア科 和名ヘイシソウ(瓶子草) 
d0261298_038842.jpg

花が咲いていないようです。
d0261298_0391189.jpg

根元で大きな口開けています、綺麗な花で誘う?
d0261298_785961.jpg

モミジカラマツ(紅葉落葉松) キンポウゲ科
d0261298_0403379.jpg

チョウジソウ(丁字草) キョウチクトウ科 
d0261298_0411016.jpg

クサタチバナ(草橘) ガガイモ科 花は柑橘類のものです。
d0261298_0415635.jpg

イトキンポウゲ(糸金鳳花) キンポウゲ科 葉が糸に見えます。
d0261298_0432697.jpg

ジプソフィラ セラスティオイデス ナデシコ科
d0261298_0444743.jpg

シコタンハコベ(色丹はこべ) ナデシコ科 
d0261298_0491156.jpg

エゾルリソウ(蝦夷瑠璃草) ムラサキ科 
d0261298_050497.jpg

ヒメイワタデ(姫岩蓼) タデ科 
d0261298_0504550.jpg

ハクサンサイコ(白山柴胡) セリ科 変わった姿の花です。
d0261298_051518.jpg

ミヤマクワガタ(深山鍬形) ゴマノハグサ科
d0261298_0532859.jpg

ポテンティラ・エリオカルパ バラ科 
d0261298_0542394.jpg

ノビネチドリ (延根千鳥)  ラン科 
d0261298_055183.jpg

コマクサ(駒草) ケシ科 オオヤマレンゲとともに今回の目的花
d0261298_0571735.jpg

歩いた順にでも並べれるとスッキリなのでしょうが・・・後一回お付き合いお願いします。

by nkyoshii | 2017-06-06 06:00 | 六甲高山植物園 | Comments(2)
2017年 06月 05日

大山蓮華・浜梨・河骨・矢車草・苧環・マンテマ・エーデルワイス

六甲高山植物園続き#2です。振り返ってみれば、いつものことながらしっかり撮っていないので、300枚以
上撮ってきても出せないものばかりでがっかりですが・・・
西入口から入るのが階段がなく歩き易いのです。昨日のサラサドウダンの手前青空に映える大輪の花たちに
も圧倒されました。
オオバオオヤマレンゲ(大葉大山蓮華) モクレン科 元気な方は少し高いところに上がっていい花を。
d0261298_79373.jpg

ハマナス(浜梨) バラ科
d0261298_7105818.jpg

大山蓮華もこの花も久しぶりの出逢いに感激、しかし、園内にはもっと生きのいい花が待っていました。
d0261298_7111066.jpg

コウホネ(河骨) スイレン科 入ってすぐのところが湿地に続く池です。
d0261298_7174674.jpg

スイレン(睡蓮) スイレン科 
d0261298_7183954.jpg

リクニス フロスククリ ナデシコ科 池に沿って大群落ができています。カッコウセンノウで覚えている花。
d0261298_7195652.jpg

d0261298_7203225.jpg

ヤグルマソウ(矢車草) ユキノシタ科 葉が矢車
d0261298_721269.jpg

<苧環>
ミヤマオダマキ(深山苧環) キンポウゲ科 これは花のプレート見つけましたが・・・
d0261298_7231614.jpg

近くでも見ていますが・・・
d0261298_723553.jpg

いい姿の花
d0261298_72420100.jpg

<マンテマ>
ナーシサス・バルボコディウム ヒガンバナ科
d0261298_7255867.jpg

シレネ・フロス・ヨウィス ナデシコ科 
d0261298_7264214.jpg

シレネ・ヌタンス ナデシコ科 かぼそい花です。
d0261298_7291843.jpg

<ウスユキソウ キク科>
エーデルワイス 
d0261298_7311133.jpg

日本の花たち
ハヤチネウスユキソウ 岩手県
d0261298_7322654.jpg

チシマウスユキソウ 南千島
d0261298_7333279.jpg

オオヒラウスユキソウ 北海道・大平山
d0261298_7344978.jpg

3回位で終わりたいと思っていましたが・・・まだまだ続きそうです。

by nkyoshii | 2017-06-05 07:37 | 六甲高山植物園 | Comments(2)
2017年 06月 04日

更紗満天星・杜若・文目・野花菖蒲・日光黄萓・アマドコロ・姫小百合

いつもの年なら遅くともカタクリの咲く頃には訪れた六甲高山植物園ですが、手術後で出かけられませんでした。
昨日タクシーで行けば園内はなんとか写真撮り歩けると・・・yasさん夫妻と三人で出掛けました。
サラサドウダン(更紗満天星) ツツジ科 別名 フウリンツツジ(風鈴躑躅) 
六甲高山植物園西入り口前にはこんな大木がお迎えです。ワンクリックで大きくなります。
d0261298_7453882.jpg

d0261298_7455717.jpg

ベニドウダン(紅満天星) ツツジ科
d0261298_7463869.jpg

ムラサキツリガネツツジ(紫釣鐘躑躅)  ツツジ科 
d0261298_7473987.jpg

d0261298_7475120.jpg

カキツバタ(杜若) アヤメ科 一輪目撮りたかった!
d0261298_7485350.jpg

アヤメ(文目) アヤメ科
d0261298_7493995.jpg

d0261298_7495178.jpg

ノハナショウブ(野花菖蒲) アヤメ科 これもなんとか間に合いました。
d0261298_751252.jpg

ニッコウキスゲ(日光黄萓) ユリ科 西入り口はいるとサラサドウダンも影薄くなる一面の黄色です。
d0261298_7531614.jpg

↑ ワンクリックで大きくしてご覧ください。
d0261298_7535654.jpg

ヘメロカリス ユリ科 
d0261298_7544558.jpg

アマドコロ ユリ科 終わった花を片付けていますが、実になっても刈らず残していました。
ナルコユリは茎の断面が丸く、角張っている(稜がある)のがアマドコロ
d0261298_80996.jpg

ヒメサユリ(姫早百合・姫小百合) ユリ科 可憐な花があちこちで見られます。
d0261298_812396.jpg

カタクリやシャクナゲなど終わってしまって残念な花あり、今年はヒマラヤのアオイケシが昨年の猛暑で弱っ
て咲かないようですが、花たちまだまだ咲いていました。入り口から大歓迎の希少なオオバオオヤマレンゲ
も真っ盛り、うまく撮れなかった花もありますが未だ続き出させていただきます。
15時に迎えのタクシーが来て帰途に、山から30分ほどで家に戻りラクチン喜びました。
d0261298_874496.jpg

六甲アイランドは真下なのです。海際にわが家も見えています。
d0261298_881270.jpg


by nkyoshii | 2017-06-04 08:08 | 六甲高山植物園 | Comments(2)
2016年 04月 09日

大三角草・春虎の尾・北陸猫の目・ヘレボルス・山葵・座禅草・蝮草・北岳草・菊咲き一華・岩団扇・水仙文目

雨風で随分荒れましたが、それでもソメイヨシノだけで無く一足早く咲き出したオオシマザクラも残ったのがあ
ります。昨日はマンション映画会の日、設営確認して買い物兼取材、欲張って廻ったら昼食べ損なって。
六甲高山植物園の花たち最終回です。
オオミスミソウ(大三角草) キンポウゲ科 
d0261298_5523847.jpg

d0261298_554237.jpg

d0261298_5543348.jpg

ハルトラノオ(春虎の尾) タデ科 別名 いろは草 と春早く咲くため呼ばれるそうです。
d0261298_5544877.jpg

ホクリクネコノメ(北陸猫の目) ユキノシタ科
d0261298_5562374.jpg
 
ヘレボルス オリエンタリス キンポウゲ科 クリスマスローズの原種とか
d0261298_5574922.jpg

ワサビ(山葵) アブラナ科
d0261298_5585562.jpg

ザゼンソウ(座禅草) サトイモ科 苞の中撮るのに苦労する花、もう終わって居ます。
d0261298_603378.jpg

マムシグサ(蝮草) サトイモ科  雑草かも知れません。
d0261298_612189.jpg

キタダケソウ(北岳草) キンポウゲ科 
d0261298_62301.jpg

d0261298_624010.jpg

キクザキイチゲ(菊咲き一華) キンポウゲ科 斜面に広がって沢山有りましたが、好い花撮れていません。
d0261298_635587.jpg

イワウチワ(岩団扇) イワウメ科
d0261298_655243.jpg


スイセンアヤメ(水仙文目) アヤメ科 E4 yasさんたちが挙げて居られる花を追って・・・昨日これ咲いてました。
d0261298_68473.jpg


by nkyoshii | 2016-04-09 06:09 | 六甲高山植物園 | Comments(2)
2016年 04月 08日

赤八汐・峰蘇芳・黄花菫・蝦夷紫躑躅・二輪草・山葵・岩八手・千島金梅

六甲高山植物園続き明日あと一回続けさせて戴きます。
アカヤシオ (赤八汐) ツツジ科
d0261298_23155076.jpg

ミネズオウ (峰蘇芳) ツツジ科
d0261298_23164084.jpg

キバナスミレ(黄花菫) スミレ科  
d0261298_23465629.jpg

エゾムラサキツツジ(蝦夷紫躑躅) ツツジ科
d0261298_23205976.jpg

ニリンソウ(二輪草) キンポウゲ科 名前通り1本の茎から2輪咲くのは滅多の見ません。
d0261298_23231994.jpg

ワサビ(山葵) アブラナ科
d0261298_23244968.jpg

イワヤツデ(岩八手) ユキノシタ科  丹頂草 (たんちょうそう)
d0261298_23261762.jpg

葉が開いてないので判りにくいですが、葉の形八手に似ているそうです。
d0261298_23275689.jpg

チシマキンバイ(千島金梅)  バラ科 
d0261298_23284729.jpg

昨日は年一度の人間ドック、もういいかと思いつつ受けに・・・帰りの風が酷かったこと。
この時期常緑樹の秋なのでした。
d0261298_23305082.jpg

オオシマザクラの殆ど散りました。
d0261298_2332840.jpg

チューリップも辛抱たまらんとばかり、お手上げして居ます。
d0261298_23331321.jpg

解体完了しました。 ここのオオシマザクラは未だ綺麗ですね。
d0261298_2334268.jpg


by nkyoshii | 2016-04-08 06:20 | 六甲高山植物園 | Comments(2)
2016年 04月 07日

喇叭水仙・水芭蕉・猩々袴・土佐水木・毛州浜草・片栗・山延胡索・保久良から薬大尾根

山も川沿いも花盛り、今年は特に華やぎ一斉に押し寄せて来たと感じます。六甲高山植物園続きです。
ラッパスイセン(喇叭水仙) ヒガンバナ科 オルゴール館駐車場から入り口への道
d0261298_0353493.jpg

d0261298_035576.jpg

d0261298_0361830.jpg

ミズバショウ(水芭蕉) サトイモ科 西入り口から入ると大きな湿地に咲き競っています。
d0261298_03878.jpg

ショウジョウバカマ(猩々袴) ユリ科 これから茎が伸びて背が高くなりますが、今は茎短いです。
d0261298_0403063.jpg

d0261298_0404287.jpg

トサミズキ(土佐水木) マンサク科
d0261298_042528.jpg

ケスハマソウ(毛州浜草) キンポウゲ科 花びらに見えるのは萼、沿っている葉は茎葉 
d0261298_0432963.jpg

茎葉に見える糸状のものが「ケ」の由来のようです。
d0261298_043409.jpg

カタクリ(片栗) ユリ科と エンゴサク(延胡索) ケシ科 これで見ると曇り空花開ききっていません。
d0261298_0445620.jpg

d0261298_0451514.jpg

ヤマエンゴサク(山延胡索) ケシ科
d0261298_0455742.jpg


水曜大阪行きの日 気になっていた飲み屋さんらしき建て増しの屋根、取り払っています。
d0261298_0482110.jpg

保久良神社から薬大へ尾根の桜 
見あげた山 馬蹄形に桜並木続きます。外に出るともう少しスッキリ撮れますが、ガラスの汚れで見え難いです。
d0261298_053559.jpg

今日の雨は花散らしになりそうですね。

by nkyoshii | 2016-04-07 06:00 | 六甲高山植物園 | Comments(2)
2016年 04月 06日

タムシバ・福寿草・春竜胆・ケーブル付近の花・カナリーヤシに大島桜

暖かくなる あたたかくなると気象の知らせは言って居ますが、昨日の神戸は寒いくらい。午後からは天気回復
というので、午前中のリハビリ済ませ、カタクリが咲きだす頃とおお慌てで六甲山へ行きました。
ケーブルの景色はサクラもですがタムシバが一番の見せ場作っていました。
タムシバ モクレン科 コブシとは葉が尖っているので判りやすいと書いていますが・・・山頂駅から クリックで大きくなります
d0261298_637147.jpg

六甲高山植物園内 木は直立していると
d0261298_638827.jpg

d0261298_6391343.jpg

ソメイヨシノ(染井吉野) バラ科 ケーブル下駅付近で満開 帰りの時間になって青空。
d0261298_6412795.jpg

ケーブル駅への途中鶴甲団地サクラは満開、夢世界です。元気な時ならバス一台遅らせ撮りに回るのに。
d0261298_6413928.jpg

ウグイス いつも入園はオルゴール館から木道通って・・・ウグイスの声とホオジロとの出逢いあるところ。
d0261298_6474599.jpg

葉が出て居ないので姿が見え、囀りながら動きますが追える範囲何とか撮れました♪ いつもは撮れません。
d0261298_6491248.jpg

これでご機嫌なり、時間も余り余裕無いので・・・花巧く撮れていません。
フクジュソウ(福寿草) キンポウゲ科 別名ガンジツソウ(元日草) 西入口真っ先お迎えの花。
d0261298_6525356.jpg

ハルリンドウ (春竜胆)  リンドウ科  目に鮮やかな青嬉しいですね。
d0261298_653491.jpg

片栗やアカヤシオに猩々袴いつも撮ってくる花の他に始めて撮った花も有ります。続いてご紹介させて戴きます。

マンション前のロータリー花壇、花壇を作り出すので眺めたカナリーヤシに木が寄生していたのですが・・・
カナリーヤシ(カナリー椰子) ヤシ科 にオオシマザクラ(大島桜) バラ科 別名フェニックス 
d0261298_658284.jpg

鳥に感謝すべきでしょうかね~
d0261298_6584174.jpg


by nkyoshii | 2016-04-06 06:59 | 六甲高山植物園 | Comments(2)
2015年 04月 01日

芹葉黄連・大三角草・岩団扇・雪割一華・菊咲き一華・ヘレボルス・毛洲浜草・片栗

六甲高山植物園昨日の続きです。
セリバオウレン(芹葉黄連) キンポウゲ科 
沢山の花たちに出逢うので、ワンカットで挙げられる絵撮りたいですが・・・
d0261298_0473138.jpg

 ↑ 花に気をつけていると名前の芹葉が撮れていません。
d0261298_0484473.jpg

オオミスミソウ(大三角草) キンポウゲ科 
d0261298_0495377.jpg

色違いが数ありまして・・・
d0261298_0503250.jpg

イワウチワ(岩団扇) イワウメ科 花しっかり開いて欲しいです。
d0261298_0511169.jpg

ユキワリイチゲ(雪割一華) キンポウゲ科 終わりかけのようですが何とか間に合いました。
d0261298_0524183.jpg

キクザキイチゲ(菊咲き一華) キンポウゲ科 別名 キクザキイチリンソウ(菊咲き一輪草)
d0261298_0533914.jpg

<クリスマスローズの仲間>
ヘレボレス・オリエンタリス キンポウゲ科
d0261298_0545717.jpg

d0261298_055820.jpg

ヘレボルス・チベタヌス キンポウゲ科 チベタヌスはチベットの意だそうです、このひと株だけ。
d0261298_0564537.jpg

ケスハマソウ(毛洲浜草) キンポウゲ科 見つける人少ないです、ひっそりと小さな立て札の側でしたが。
d0261298_0582045.jpg

カタクリ(片栗) ユリ科 
d0261298_10217.jpg

d0261298_103911.jpg

d0261298_105058.jpg

片栗これから本格的に咲くのでもう一度撮り直して・・・、他にも猩々袴などあります。近いうちに出掛けてご紹
介したいですね~。

by nkyoshii | 2015-04-01 06:00 | 六甲高山植物園 | Comments(4)
2015年 03月 31日

クロッカス・福寿草・座禅草・水芭蕉・土佐水木・シジュウカラ・キセキレイ

桜前線一気に北上、私の住む神戸も間もなく満開の木に囲まれそうです。先週水曜日に出会った人から片栗
の花を見せて貰ったので、六甲高山植物園春の花伺いに昨日出掛けました。4月の陽気との予報でしたが、
風が冷たくケーブル山頂駅からの眺め霞でいました。
クロッカス アヤメ科 オルゴール館 花たち未だ揃っていませんが、早く咲き出すこの花たちは盛り過ぎも。
d0261298_6433189.jpg

d0261298_643502.jpg

d0261298_644349.jpg

d0261298_6441456.jpg

ザゼンソウ(座禅草) サトイモ科 西入口から入って直ぐ木道渡した湿地があります。
d0261298_646374.jpg

今沢山咲いて居るのは少し坂を登ったところの湿地 数ありますが、こっち向いてと言っても無理。
d0261298_6474485.jpg

ミズバショウ(水芭蕉) サトイモ科  
西入り口が一番多いかも知れませんが、未だ揃っていません。いい花求めて・・・撮りましたが。
d0261298_650432.jpg

トサミズキ(土佐水木) マンサク科 日向水木に比べ大きくなって、チラチラ黄色い花付け始めています。
d0261298_652337.jpg

土佐水木らしい茶褐色のシベ見えますね。
d0261298_703784.jpg

シジュウカラ
d0261298_654873.jpg

d0261298_6541790.jpg

キセキレイでしょうね
ご機嫌で囀り長く付き合ってくれました。声聞き分けできないので姿見て珍しい鳥が撮れたと喜びましたが・・・
d0261298_6562158.jpg
d0261298_6563167.jpg

花は少なくて残念な時期ですが、片栗も咲き出して居ます。私が鳥の姿見つけられるのも葉や花の無い時
期、楽しく遊んできました、残りの花たち続きます。

by nkyoshii | 2015-03-31 07:00 | 六甲高山植物園 | Comments(2)