ロクアイつれづれ2

nkyoshii.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2013年 09月 ( 30 )   > この月の画像一覧


2013年 09月 30日

健康ハートウォークが花博記念公園鶴見緑地で昨日

世界心臓連合が2000年に提唱した「地球規模の心臓血管病予防キャンペーン」の一環イベントです。
今年は9月29日を「世界ハートの日」と定め、花博記念公園鶴見緑地で「健康ハートウォーク」が開かれたの
で、参加してきました。2,100名もの申し込みが集まったそうです。9時半からテープカットに続いてウォーミ
ングアップの後Bグループ(8キロ)から出発。Aグループは4キロ公園内を1周、Bのコースは外周で4キロ
+Aコース4キロです。
d0261298_0353886.jpg

d0261298_0355745.jpg

乗馬苑 颯爽と気持ちよさそうです。右に見える塔「咲くやこの花館」前から出発、一度戻ってもう一周。
歩き始め先導に続いて早足で歩き、脚に負担掛かり失敗しました。
d0261298_0361766.jpg

キカラスウリ(黄烏瓜) ウリ科 乗馬苑近く
d0261298_0381242.jpg

沢山の人だかりとカメラ、カワセミ待ちでしょうか。
d0261298_15561857.jpg

小川や滝にため池など、水場が各所に。鳥たちの数少ないですね、ここは好きではないようです。
d0261298_0394278.jpg

大池 もうすぐカモたちが来るでしょうか。公園入ってすぐの池にはカルガモが淋しく・・・
d0261298_041585.jpg

アメリカ・デイコ(亜米利加梯姑) マメ科 園内の花は2度目なのか、神戸で終わってしまった物が咲いて居ます。
d0261298_0435492.jpg

サルスベリ(百日紅) 
d0261298_0445326.jpg

ヒガンバナ(彼岸花) 紅白で並んでいます。
d0261298_0461319.jpg

パビリオンがあったところ ひと休み涼んで居る人たち居ます。
d0261298_0465540.jpg

これは茶室だったところでは・・・。花博開催中、茶会で大勢の方接待して疲れた想い出が。
d0261298_0495695.jpg

ゴールで完走証を戴き、適宜昼食。午後は「咲くやこの花館」でトークショウと花観察、約1時間ばかり館内を。
d0261298_0565010.jpg

歩いていると、カルガモの姿とシジュウカラの声聞こえましたが、設定悪く撮れたもの判別出来ません。
「咲くやこの花館」の花たちは明日載せさせて戴きます。

by nkyoshii | 2013-09-30 06:00 | 鶴見緑地 | Comments(2)
2013年 09月 29日

ハクセキレイ・運動会・臭木・待ちぼうけ・スベリヒユ・ベゴニア

鳥たちの新しい画像を撮って居られる方が増えて来たので、この島でもと・・・
スズメ・ムクドリ・ヒヨドリでは無い声に・・・ハクセキレイが呼び合っていたようです。未だメジロも見ません。
d0261298_23222872.jpg

見えているのはこれだけ、声は木の中から。
d0261298_23232621.jpg

昨日は土曜日、元気な声が部屋の中へ飛び込んで、出掛けました ♪ 運動会「徒競走」と聞きましたが??
d0261298_23241254.jpg

クサギ(臭木) クマツヅラ科 六甲アイランド小学校の塀から顔出し実も付けて、花と萼が競うように。
d0261298_23262462.jpg

待ちぼうけ スーパー入り口に留め置かれています。待ちくたびれたようですね。
d0261298_2327652.jpg

スベリヒユ スベリヒユ科 マーケットシーン 
ここで沢山の花見つけましたが、ピント合いません。昨日はもう花開いたの見えませんでした。
d0261298_233023100.jpg

ベゴニア シュウカイドウ科 廊下の棚に
d0261298_23302138.jpg

d0261298_23303298.jpg

d0261298_23304645.jpg

日中は未だ暑いです。

by nkyoshii | 2013-09-29 06:00 | 散歩道 | Comments(1)
2013年 09月 28日

秋明菊・小紫・屁糞葛・薯蕷葵・木槿

日中は未だ暑いくらいですが、朝夕冷え込んで来ました。この時季楽しみにしている花咲き始め秋を実感!
シュウメイギク(秋明菊) キンポウゲ科 E7 白や八重などもあり捜して歩くのが楽しみです。
d0261298_2337295.jpg

コムラサキ(小紫) クマツヅラ科 橋脚下 花は終わりましたが、宝石のように光る紫の実綺麗でしょう ♪
d0261298_23383373.jpg

艶々紫色が濃くなるのももうすぐです。
d0261298_23384682.jpg

ヘクソカズラ(屁糞葛) アカネ科 E5 名前に比して可愛い花、もう実になり小鳥たちが集まるのも直ぐです。
d0261298_23421399.jpg

トロロアオイ(黄蜀葵) アオイ科 ローズガーデン 
背が高く大輪なので、台風で随分傷みましたが、オクラのような実着けています。
d0261298_23442369.jpg

ムクゲ(木槿) アオイ科 トロロアオイよりも早く咲き始めましたが、未だ花沢山咲かせている木があります。
d0261298_23455955.jpg

d0261298_23461538.jpg

d0261298_23462988.jpg

d0261298_23464244.jpg

d0261298_23511961.jpg


by nkyoshii | 2013-09-28 06:00 | 散歩道 | Comments(2)
2013年 09月 27日

お休み処・カンナ・メキシカンライオンズイヤー・エンゼルストランペット・藪蘭

ベランダからの眺めとともに興味深く見ていた工事、期待に反して屋根無しで完成のようです。
屋根の部分素材を引っぺがしていました。
座る場所と屋根が白く塗られて・・・? 屋根にどんな物を葺くのかと。
d0261298_2332979.jpg

工事のためにコーンで囲っていたのが外れ、もう座っています。日差し避け陰が欲しいですが、屋根無しです。
d0261298_2342284.jpg

カンナ カンナ科 E4 別々に離れた場所に植えられています。
d0261298_2362814.jpg

風がよく通る一角、花びら動かさずに撮れてラッキー。
d0261298_2375350.jpg

メキシカンライオンズイヤー シソ科  W6園芸愛好家宅とE4三角花壇にあります。花壇で花屋のラベルがついていました。
花は似ていてハーブだそうです。
d0261298_2313264.jpg

肉厚の楕円の葉の物にこの名がありましたが、同じかどうか。
ダツラ ナス科又はキダチチョウセンアサガオ(木立朝鮮朝顔) ナス科 別名 エンジェルス・トランペット E4
d0261298_2395416.jpg

↑ 何度も挙げて居ますが、今回は満開の様相です。↓ 鉢植えのようで玄関先に置かれて木は小さいです。
d0261298_2311495.jpg

ヒメヤブラン(姫藪蘭) ユリ科 E4 うっかりしていました。次のに比べて花の数少ないです。
d0261298_23142952.jpg

ヤブラン(薮蘭) ユリ科 
d0261298_23155893.jpg

d0261298_23265899.jpg


by nkyoshii | 2013-09-27 06:00 | 散歩道 | Comments(2)
2013年 09月 26日

彼岸花・セセリチョウ・シジミチョウ・シオカラトンボ・ハクセキレイ・芝生広場

水曜日、いつものように昼前後から梅田の一室に十数人が集まります。0センチから接写できる最新カメラを
触らせて戴きました。帰りに通った御堂筋曾根崎警察前、大阪の一等地近くで彼岸花が今年も咲いています。
ヒガンバナ(彼岸花) ヒガンバナ科 別名 マンジュシャゲ(曼珠沙華)
d0261298_22333341.jpg

花も未だ少ないので、花探しとともにトリが来ていないか、いつもより脚伸ばしていますが・・・
セセリチョウ じっとしているのと数が多いので撮るチャンス多いです。
d0261298_22373690.jpg

シジミチョウ こちらは未だゆっくり撮らせて貰えません。
d0261298_22391889.jpg

トンボ シオカラかと思いましたが? 字にピントですね。何度も追ってみますが、成功しません。
d0261298_22405242.jpg

休憩中のシオカラトンボ
d0261298_22411757.jpg

ハクセキレイ 撮った写真を見るとクチバシ開けています。水面に向かって何度も飛びます。
d0261298_2243251.jpg

d0261298_22431317.jpg

このところ変化少ないのですが、新旧の間にあるフェンス取り外しました。
取り外し前
d0261298_22461564.jpg

何を引っ張ったのでしょうか。
d0261298_22462163.jpg

もうすぐ完成のようですが、芝のないところと入り口はどんなになりますか。

by nkyoshii | 2013-09-26 06:00 | つれづれ | Comments(2)
2013年 09月 25日

ペンタス・マリーゴールド・五色唐辛子・玉簾・乗り物

「暑さ寒さも彼岸まで」と言いますが、毎年春秋どちらも寒暑絶えだえの頃です。今年は特に厳しく感じるのは
年のせいでしょうか。15時頃に来客があるので、昼前に取材と買い物をチョコット。

足でこいでられるところを撮らせて戴きたかったのですが、撮るのが遅れ、よく見えません。手でなく足でこぐ
(ペダル)車です。使えるなら足動かすのはお薦めです。
d0261298_6493170.jpg

こちらは真似たくても誰にも出来るものではありません。でもワンちゃんと仲良く微笑ましいです。
d0261298_6522699.jpg

通勤に使って、電車にも持ち込み出先でも利用の方が島には居られます。

主役でなくても・・・コーナーや縁取りに活躍している花たち
ペンタス アカネ科 マリーゴールド キク科 アイランドセンター駅前
d0261298_6544539.jpg

ペンタス アカネ科
d0261298_655325.jpg

d0261298_6554242.jpg

マリーゴールド キク科 
d0261298_6571128.jpg

トウガラシ(唐辛子) ナス科 ゴシキトウガラシ(五色唐辛子)
d0261298_6585822.jpg

d0261298_6591192.jpg

アメリカン・ブルー ヒルガオ科 E4
d0261298_701087.jpg

タマスダレ(玉簾) ヒガンバナ科 畑
d0261298_71123.jpg

d0261298_711213.jpg

d0261298_712316.jpg

ヤブラン(薮蘭) ユリ科 W6東 
d0261298_722194.jpg

d0261298_723440.jpg


by nkyoshii | 2013-09-25 07:05 | つれづれ | Comments(2)
2013年 09月 24日

彼岸花・薄・拳・珊瑚樹

昨日は彼岸の中日、連休のため乗り物などいずれもよく混み合っておりました。桃谷まで出掛けましたが、大
阪城公園など寄る元気なく戻りました。
ヒガンバナ(彼岸花) ヒガンバナ科 別名 マンジュシャゲ(曼珠沙華) W5 最近島でも増えて嬉しいです。
d0261298_23552487.jpg

どちらも株が大きくなってきました。
d0261298_2356398.jpg

白花もあちこちで W6
d0261298_23564953.jpg

橋脚下
d0261298_23572682.jpg

yasさんが挙げたので直ぐ撮りに行きましたが、早く咲いたのは傷んでいます。
d0261298_23573976.jpg

ススキ(薄) イネ科 W6 お月見に出し損ないました。
d0261298_014640.jpg

コブシ(拳) モクレン科 W6の並木で可愛く紅味増しています。
d0261298_0027100.jpg

サンゴジュ(珊瑚樹) スイカズラ科 W5
d0261298_0182452.jpg
 
まっ紅な実がふさふさしていたのですが、もうヒヨドリが来て淋しくなっています。
d0261298_0235114.jpg

メジロなども未だ戻っていないので、余り食べ尽くして欲しくありません。
yasさんが挙げた今月上旬の珊瑚樹の実

by nkyoshii | 2013-09-24 06:00 | 季節 | Comments(2)
2013年 09月 23日

現の証拠・四角豆・鉈豆・酸漿・茄子?・畑韮・アスパラガス・現の証拠・偽小判草・酔芙蓉

錦織公園から出て住宅街の急坂を上がればバス停があり、最近は脚力落ち暫く待ってもバスに乗ってます。
畑の花たち
四角豆(シカクマメ・うりずん豆) マメ科 さやの形四角です。  
d0261298_22484672.jpg

大きな花です。
d0261298_22493349.jpg

ナタマメ(鉈豆) マメ科 鉈のような大きな豆付けます。
d0261298_22553358.jpg

ホオズキ(酸漿) ナス科 まっ朱になりました。
d0261298_2257152.jpg

トマトなのかナスビなのか
d0261298_22573157.jpg

ハタケニラ (畑韮) ユリ科
d0261298_2258151.jpg

フシグロヒヨウモン? この花お気に入りのようです。
d0261298_230080.jpg

アスパラガス ユリ科
d0261298_2259011.jpg

ゲンノショウコ(現の証拠) フウロソウ科
d0261298_233123.jpg

d0261298_23312095.jpg

ニセコバンソウ(贋小判草) イネ科 英名 ワイルド・オーツ こちらの方が小判草らしく思います。
d0261298_2332111.jpg

↑ の花も ↓も金剛の住宅街バス停近くにあります。
スイフヨウ(酔芙蓉) アオイ科 道路隔てた所から撮るのでこちら向いた花撮れません。
d0261298_2355651.jpg

錦織公園と金剛住宅街の花や実たちご覧下さって有り難うございました。近い内に又出掛けるつもりです。

by nkyoshii | 2013-09-23 06:00 | 錦織公園 | Comments(0)
2013年 09月 22日

??石榴・葛・紫苑・河原決明・釣り鐘人参・野薊・花虎の尾・藪茗荷・里の家・紫紺野牡丹

昨日夕刻、ベランダを通して海を見れば・・・火柱?
関空スターゲイトホテルでしょうか。
d0261298_7233848.jpg


墓から錦織公園まで歩けば15分くらいでしょうか、緩くて長い坂を上り詰めると入り口につきます。トリの声や
花などを見ながら歩くと何とかたどり着けます。神戸から電車の乗り継ぎと金剛駅からタクシーで往復だけ出
来れば墓参り続けられますが、この公園でのひとときが墓参りを続ける原動力に思って居ます。
ザクロ(柘榴) ザクロ科 公園沿いの畑
d0261298_6575119.jpg

クズ(葛) マメ科 伊賀への途中道路壁に沢山咲いて居たのをみましたが、ここも花立派です。
d0261298_6584371.jpg

シオン(紫苑) キク科 これが満開の頃チョウたちが乱舞します。
d0261298_713641.jpg

未だ咲き初めです。
d0261298_715936.jpg

カワラケツメイ(河原決明) マメ科 
ここではこの周り少しだけ、説明も何もありませんが、六甲高山植物園では干してお茶として売っていたことがあります。
d0261298_742944.jpg

ツリガネニンジン(釣り鐘人参) キキョウ科 あちこちに咲いて居ますが、このように独立でいること稀です。
d0261298_78119.jpg

ノアザミ(野薊) キク科 花の名書いた小さな札ありますが、花は少ししか見つかりません。
d0261298_77996.jpg

ハナトラノオ(花虎の尾) シソ科 別名 カクトラノオ(角虎の尾)、ヒソステギア
d0261298_791813.jpg

ヤブミョウガ(藪茗荷) ツユクサ科 白い可愛い花も素敵ですが、宝石のような碧い実好きです ♪
d0261298_7104877.jpg

里の家 弁当を食べるのに寄らせてもらうところ、板間ですが涼風よく通ります。昨日は玄関側から、これはコスモスの道側。
d0261298_714768.jpg

この家の庭に花が折々に咲きます。ここのロウバイも楽しみに来ます。
オモチャナンキンがカワチメンと並んでいます。土間
d0261298_717118.jpg

シコンノボタン(紫紺野牡丹) ノボタン科 庭の花ではこれが今盛り。
d0261298_7185057.jpg

ヒガンバナが咲く畑に立派な花付けて大きな豆が出来ています。明日もお付き合い下さい。

by nkyoshii | 2013-09-22 07:27 | 錦織公園 | Comments(2)
2013年 09月 21日

彼岸花・ツルボ・女郎花・コスモス

昨日は彼岸の入り、連日出掛けたり会合を開いたりで疲れ感じていましたが、何はともあれ墓参りしてきました。
ヒガンバナ(彼岸花) ヒガンバナ科 マンジュシャゲ(曼珠沙華)と呼ぶよりこの日はこの名で。
d0261298_5454014.jpg

墓参りの帰りはタクシーに乗らずに錦織公園によってお弁当にします。里の家の周りは畑、庭先の花とともに畑で
咲く花も楽しみのひとつ。
d0261298_5495761.jpg

彼岸に欠かさず出掛ける墓ですが、年によってこの花の揃い方違います。今年は咲き初めいい時期でした。
d0261298_5501121.jpg

ツルボ ユリ科 この花もぎりぎり間に合いました。
d0261298_5522287.jpg

暫く咲いて居ますが、早く咲く裾が汚くなります。
d0261298_5523596.jpg

オミナエシ(女郎花) オミナエシ科 オトコエシがあった筈で捜しましたが見つかりません。アップ失敗出せません。
d0261298_5543735.jpg

コスモス キク科 長く咲くので10月の方がいいかもしれません。表側からは小川があって遠くなるのです。
d0261298_5573877.jpg

d0261298_5575623.jpg

コスモスの色違いや縁取りが変わった物あったと思います。次回楽しみにしましょう。

夕べも綺麗な月 月齢 14.6 満月は19日でした。20日20時20分頃           
d0261298_63286.jpg

d0261298_633796.jpg

畑の花や金剛住宅街の花も撮ってきましたので、明日もひき続きご覧願います。

by nkyoshii | 2013-09-21 06:04 | 錦織公園 | Comments(4)