ロクアイつれづれ2

nkyoshii.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2014年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧


2014年 06月 30日

銀竜草・松本仙翁・蛍袋・深山苧環・色丹はこべ・姫百合・エーデルワイス・大葉大山蓮華

暑さ忘れてひととき夢の世界に誘われた花、「大山蓮華」を見たいと六甲高山植物園へ昨日出掛けました。
ケーブルを降りると、爽やかな涼しさが嬉しいお出迎えです。↓ ギンリョウソウ待ちで振り返ると。
d0261298_717100.jpg

ギンリョウソウ(銀竜草) イチヤクソウ科 
小高い丘細い道、カメラ構えてしゃがみ込み動かない人が居るので覗けばこの花。
d0261298_74898.jpg

マツモトセンノウ(松本仙翁) ナデシコ科 フシグロセンノウにはよく出合いますが、これ珍しく・・・
d0261298_75271.jpg

ホタルブクロ(蛍袋) キキョウ科 
d0261298_76411.jpg

(ミ)ヤマオダマキ(深山苧環) キンポウゲ科 立て札はカタカナのみ、「ミ」はありません。
d0261298_772677.jpg

シコタンハコベ(色丹はこべ) ナデシコ科 近所で見るハコベより花大きいです。
d0261298_785335.jpg

ヒメユリ(姫百合) ユリ科 ユリは沢山咲いて居ましたが小粒で鮮やか、葉の着き方が変わり者です。
d0261298_7112052.jpg

エーデルワイス キク科 
d0261298_7125327.jpg

オオバオオヤマレンゲ(大葉大山蓮華) モクレン科 
d0261298_7183396.jpg

d0261298_7184863.jpg

d0261298_7185698.jpg

d0261298_719733.jpg

皆様が出しておられるのは、選りすぐりの花を立派な腕とカメラで・・・
昨日の目的はこの花!3輪だけ何とか見つけられたので私なりに撮ってきました。小高い丘の上にひとかた
まりの木があります。足腰かばいながら何とか午前中に回り、帰ってからは近所のチャペルでアカペラのコン
サートいい日曜日、有り難いことです。

by nkyoshii | 2014-06-30 07:29 | 六甲高山植物園 | Comments(2)
2014年 06月 29日

ちりめん細工・向日葵・ダリア・アスター・ガーベラ・オステオスペルマム・アゲラタム

2週間前に体ほぐしてきたのですが、その後体冷やしたせいか先週の水曜日から腰の調子悪く、時折痛みで
歩き辛くなり、まだ出掛けられる間にと谷九まで治療に。帰ったら疲れて夕方まで何も出来ず・・・
<谷九の花>
マメアサガオ(豆朝顔) ヒルガオ科  
小さい花鈴なりに、ヒルガオに似ていますが調べた中ではこれしかヒットしません。
d0261298_22435879.jpg

カンナ カンナ科 これもガレージのフェンス沿いの花、暑苦しくて済みません。
d0261298_22465366.jpg

ちりめん細工 美容院の飾り新しくなりました。
d0261298_22491939.jpg

d0261298_22493132.jpg

子供の頃母に貰った端切れで作ったこと想い出します。
d0261298_22494413.jpg


<キク科の花たち>
ヒマワリ(向日葵) E4 キク科の花たちの中では大物、でも、これはやや可愛らしいです。
d0261298_22512940.jpg

ダリア ローズガーデン バラが終わり立葵や狐の孫達も終わって、咲き出しましたがこれも・・・
d0261298_22553312.jpg

アスター  別名 エゾギク(蝦夷菊) W6
d0261298_2256345.jpg

ガーベラ W6
d0261298_22572745.jpg

d0261298_22574199.jpg

オステオスペルマム W6
d0261298_22584216.jpg

アゲラタム 橋脚下 
d0261298_22593894.jpg

白など他にも色があったはずですが、撮り損なっています。
d0261298_22594994.jpg

雨が少なく自動定時給水だけでは水不足、花たちの元気も減少気味です。

by nkyoshii | 2014-06-29 05:58 | つれづれ | Comments(2)
2014年 06月 28日

ツバメ・サフラン擬き・紅花・蚊捕り草・露草

昨日は月1度は開きたいと始めたおしゃべりの会、早いもので84回を数えました。407戸有るマンションにお
住みの方達との親睦と情報交換会、昨日は14名の参加でした。お隣の施設からも見学に来られ一層賑やか
になりました。午後2時から1時間だけですが、準備等午前中にするので夕餉の買い物に出ただけ。
ツバメ 野鳥園に10羽以上飛来しているので近くに巣があるはず。小学校の車庫、下見に来たのか幼鳥かも。
d0261298_6513390.jpg

サフランモドキ(サフラン擬き) ヒガンバナ科 神戸国際大学南 野鳥園への途中、雨上がりでもないのに。レイン・リリーの名も持っています。
d0261298_6524180.jpg

咲かない時は1輪も姿見えないのに・・・申し合わせたように一斉です。
d0261298_6544335.jpg

d0261298_6545147.jpg

デカパトス駐車場東の草地広場には小振りの花咲くはずですが、撮りに回れておりません。
d0261298_6545955.jpg

ベニバナ(紅花) キク科 別名 スエツムハナ(末摘花)、サフラワー 買い物先のスーパーに。
d0261298_6562239.jpg

カトリソウ(蚊取草)  フウロソウ科 リバーサイド ↑ 「末摘花」源氏物語の世界、↓ 可愛い花いい名欲しい。
d0261298_659244.jpg

昨日見つけたのはアカが強いです。
d0261298_6595158.jpg

ツユクサ(露草)  ツユクサ科 昼前にはもう縮み始め、島には少ない花ですが、雨が続いて増えるのを待っています。
d0261298_712585.jpg


by nkyoshii | 2014-06-28 07:04 | つれづれ | Comments(2)
2014年 06月 27日

タンゲマル・木槿・莓の木・カタナンケ・ペラルゴニウム ・泰山木・幼いヒヨドリとカルガモ

沖縄が梅雨明けしたものと思われるとか、ひと足早く真夏到来。我が家でも一日の気温差が大きいと咲くサ
ボテンが夕べ開きました。
サボテン サボテン科 タンゲマル(短毛丸) 蕾が伸び出すと早く一気に開花まで進みました。
d0261298_663742.jpg

調べていると「胴切り」と言う方法で若返らせる方法があるようです、この株の根が傷んで長すぎるので治療し
た方がよいようです。これ以上大きくなると私の手に負えないので困っていたのです。
また、名前も同じ仲間に色々、「短毛丸」の仲間でしょうが・・・?

ムクゲ(木槿) アオイ科 向洋西公園
d0261298_682233.jpg

神戸国際大学前
d0261298_691246.jpg

イチゴノキ (苺の木) ツツジ科 高羽小学校 
先日「ヤマモモ」とご紹介したのはこちらの間違い、花の時の記憶無くて失敗しました。
d0261298_6115575.jpg

カタナンケ キク科 リバーサイド これも間違って、同類ですがヤグルマギクの変わり者にしていました。
d0261298_6163292.jpg

ペラルゴニウム シドイデス イングランドバイオレット フウロソウ科 小さい花でも特徴通りの名前です。
d0261298_6175364.jpg

タイサンボク(大盞木;泰山木;大山木) モクレン科 向洋小学校 
今年は海岸へ出る日が多く、E3の木撮りに行けません、出かけた日は花の位置儘ならず。
d0261298_621366.jpg

<幼い鳥たち>
ヒヨドリ 海岸野鳥園近くで親鳥を呼ぶのか木の葉陰から。
d0261298_6231242.jpg

嘴の先切れて残念! 見つかって逃げられました。
d0261298_624170.jpg

野鳥園のカルガモ ひとり歩き始めた元気者もあり、6羽揃ったところ撮り難いです。
d0261298_6245148.jpg

ママ見習って潜っています。尾羽未完成のため丸い背中が見えるようです。
d0261298_6271181.jpg

潜った後は水を弾きましょう! 可愛いでしょう ♪ 暫くは飛び立ちそうにありませんね。
d0261298_630525.jpg

野鳥園囲みに来る日差し傾き始め、随分楽になりました。もう暫くのコガモちゃん達です。
大きな画像はクリックでもっと大きくなりますから、よく見てやって下さいね。

by nkyoshii | 2014-06-27 06:34 | つれづれ | Comments(4)
2014年 06月 26日

松葉菊・サントリナ・ルドベキア・天人菊・夏椿・捩摺・梔・庭七竈・南天・常磐露草

昨日はいつもの通り大阪へ、本格的な暑さ感じ始めました。しかし、冷房効かせすぎると足腰に来て辛いです。
うっかりしていたわけでもありませんが、挙げ損なった花たち もう終わって無残な姿の場所もありますが・・・
マツバギク(松葉菊) ツルナ科 橋脚下
d0261298_447890.jpg

W6
d0261298_4473367.jpg

サントリナ・ナポリターナ キク科 W6 一寸変わったキク
d0261298_4482564.jpg

ルドベキア キク科
d0261298_449480.jpg

テンニンギク(天人菊) キク科 リバーサイド南端
d0261298_4494799.jpg

d0261298_4495960.jpg

ナツツバキ(夏椿) ツバキ科 別名 シャラノキ(娑羅の木)、サルスベリ(猿滑り) 中庭
d0261298_450485.jpg

モジズリ(捩摺) ラン科 別名 ネジバナ(捩花) E9前緑地 グラジオラスそっくりの超ミニ版
d0261298_4514017.jpg

クチナシ(梔) アカネ科 神戸国際大学前
d0261298_4541678.jpg

ニワナナカマド(庭七竈) バラ科 W2
d0261298_4545139.jpg

ナンテン(南天) メギ科 E4 花弁が直ぐにとれてしまいます。 
d0261298_4553132.jpg

トキワツユクサ(常磐露草) ツユクサ科 E4
d0261298_457865.jpg

雑草青い花のツユクサは島のなかでは少なく、雨がたっぷり降ってしっとりすると探し出せるかも。

by nkyoshii | 2014-06-26 05:01 | つれづれ | Comments(2)
2014年 06月 25日

SUN PRINCESS、あべのハルカス、みのり・サボテン・カルガモ親子

先日来何度か神戸港に入って来たSUN PRINCESS(77,441 トン、261.3 m、32.25 m、船客定員
1,950名(最大 2,250名))24日今期最後の神戸入港だったようです。
d0261298_3303321.jpg

6時の予定ですが少しばかり早い到着、目覚ましかけていたのに夜中に目が覚め、寝直したら5時です。
ゴミの島沖で向きを変えて入港、関空沖からまっすぐ入る所は間に合いません。
d0261298_3334749.jpg

yasさんが撮った出航風景
6月16日に来た時は黄砂の影響で霧の向こう、おぼろげにしか見えませんでした。昨日もやや霞みました
が、何とか写せました。

東 海の向こうは南港と神戸灯台の奥に「あべのハルカス」が霞のなかに。
d0261298_3421424.jpg

帰りに野鳥園に寄りましたが、お目覚め未だのようでツバメなど数羽だけ、暫くしてカルガモ母子がチラリ。
d0261298_343845.jpg

<みのり>
クロガネモチ(黒鉄黐) モチノキ科 去年の朱い実が残り今年は不作です。
d0261298_441410.jpg

ドングリ この島の実はトリ食べに来ません。
d0261298_454315.jpg

ブドウ(葡萄) ブドウ科 E4
d0261298_462577.jpg

タブノキ(椨の木) クスノキ科 神戸国際大学前
緑の綺麗な実ですがもう食べられたのでしょうか、実が減っています。
d0261298_474231.jpg

蒸し暑さ増してきました、一日の気温差が大きいと咲くサボテン、蕾たっぷりです。
d0261298_3445326.jpg

d0261298_3453518.jpg

我が家のタンゲマルももうすぐです。とりあえず4輪。後の殆どは負け組、咲く元気貰えそうにありません。
d0261298_359817.jpg

買い物帰りマンションの側に・・・カルガモ お連れ居ませんね~
d0261298_359242.jpg

可愛いお嬢ちゃんが寄っていったので西の方に飛び去りました。

by nkyoshii | 2014-06-25 06:00 | つれづれ | Comments(2)
2014年 06月 24日

ツバメ・ウミウ・ムクドリの大群・トビ・クレマチス

朝早く出かければ鳥たちの出逢い多いと思って昨日出かけましたが、バンもカルガモ親子も姿見せませんで
した。2組ばかりカルガモのペアらしきが食事していましたが、後はツバメとムクドリにスズメ。ツバメは固まっ
て池に来て飛び回っています。
d0261298_23163092.jpg

撮れないと判っていても、とりあえず狙ったら・・・一部だけ。
d0261298_23175546.jpg

昨日はウミウやカモメも姿見せていません。海岸で景色眺めていると時折飛んで居るのです。
ウミウ
d0261298_23201417.jpg

ムクドリの群れ 昨日は群れ小さく、ツバメより目立ちませんでした。21日の野鳥園、騒がしかったこと、怖くなるほど居ます。
d0261298_23234397.jpg

トビ 時折やってきます。頭上まで来たのに生憎電池切れ、遠いのしか撮れていません。
d0261298_23251794.jpg

クレマチス キンポウゲ科 ローズガーデン
d0261298_23271886.jpg

d0261298_23273248.jpg

W6
d0261298_23275847.jpg

藤棚やナンキンハゼの紅葉のころに入れると冴えるW7の塔、大改修が終わったので撮ってみました。
ウエスト7番街
d0261298_23405841.jpg

神戸は大阪に比べると気温やや低め、雨も少なくて南北開けて風通せば涼しいくらい。でも、ボツボツ蒸し暑
くなって凪の時は辛くなって来ます。

by nkyoshii | 2014-06-24 06:00 | つれづれ | Comments(2)
2014年 06月 23日

鋸草・瑠璃茉莉・エリカ・カリブラコア・カラー・ペラルゴニウム・ジュランタ・パンドレア・ノウゼンカズラ

今回撮ってきた魚崎の花最後です。
ノコギリソウ(鋸草) キク科
d0261298_23343096.jpg

ルリマツリ(瑠璃茉莉) イソマツ科
d0261298_23362242.jpg

エリカ‘ホワイト・ディライト’ ツツジ科 真っ白からほんのり赤くなっていきます。
d0261298_23371258.jpg

カリブラコア ナス科 よく見る花ですが、少~し色が独特です。
d0261298_23385633.jpg

カラー サトイモ科 アイボリーのような色が多いのですが、こんな色も。
d0261298_23393959.jpg

ペラルゴニウム フウロソウ科 この種の中では大振りの花。
d0261298_23421343.jpg

ジュランタ・タカラヅカ  クマツヅラ科
d0261298_23433551.jpg

パンドレア ノウゼンカズラ科 魚崎 別名 ソケイノウゼン(素馨凌霄花)、ナンテンソケイ(南天素馨)
d0261298_23442839.jpg

ノウゼンカズラ(凌霄花) ノウゼンカズラ科 上手に刈り込みされていい姿です。
d0261298_23462911.jpg


ノウゼンカズラは島のなかの他でもよく見かけます。今は ↓ ご覧の花たちが咲き揃いました。
アメリカノウゼンカズラ(亜米利加凌霄花) ノウゼンカズラ科 E7-8 
d0261298_23491870.jpg

広場の他塀から溢れんばかりの花拡げます。
d0261298_2350213.jpg

ポドラネア・リカソリアナ ノウゼンカズラ科 別名ピンクノウゼンカズラ(ピンク凌霄花) E4 
d0261298_23511139.jpg

ノウゼンカズラ科の花たちは豪華に咲き競います。↑ のピンクノウゼンやパンドレアの他にも変わり花有りま
すが、うっかりして撮り損なうものも多いです。

by nkyoshii | 2014-06-23 06:00 | つれづれ | Comments(2)
2014年 06月 22日

紅葉昼顔・小海老草・百合・ヒペリカム・ダリア・杏・胡瓜・珊瑚紫豆・合歓木・亜米利加梯姑

昨日は雨になるかと思いましたが、朝少しピリピリ しただけで夜まで降っていません。魚崎の花たち続きです。
モミジヒルガオ(紅葉昼顔) ヒルガオ科 小振りで変わり種、葉が違いますね。
d0261298_024858.jpg

d0261298_03947.jpg

d0261298_03226.jpg

コエビソウ(小海老草) キツネノマゴ科 栄養いいようで色鮮やかです。
d0261298_045792.jpg

ユリ(百合) ユリ科 
d0261298_054427.jpg

ヒペリカム・アンドロサエマム オトギリソウ科 花でなく実が生け花に使われます。
d0261298_075325.jpg

ダリア キク科 色姿の違う花が有ったと思いますがもう終わりかけ。
d0261298_0334199.jpg

アンズ(杏) バラ科 かぶりつきたくなる程瑞々しくいい色でしたが、葉が邪魔で巧く撮れていません。
d0261298_0105687.jpg

キュウリ(胡瓜) ウリ科 プチトマトも数カ所見つけましたが、垣根越しなど巧く撮れていません。
d0261298_01303.jpg

サンゴシトウ(珊瑚紫豆) マメ科
d0261298_0134561.jpg

d0261298_0135760.jpg

蒸し暑くなって来たので強烈な色の花たちで恐縮ですが、独特の花捨てがたくて・・・

ネムノキ(合歓木) マメ科とアメリカ・デイコ(亜米利加梯姑) マメ科 野鳥園隣 
d0261298_0212114.jpg

d0261298_021353.jpg

六甲アイランド海岸寄りの広場、サンゴシトウに負けない強烈な花満開と思っていたら、島では殆ど終わって
居るネムノキがまっ盛り。ピンクのウェーブ見事です。野鳥園の帰りにはぜひここにも。

by nkyoshii | 2014-06-22 05:58 | 散歩道 | Comments(2)
2014年 06月 21日

枇杷・アガパンサス・食用カンナ・リアトリス・松虫草・虫取撫子・百合・印度浜木綿・クロサンドラ

梅雨の晴れ間続きましたが、未だ降り出していませんが雨になるでしょうね。yasさんたちと天気に誘われ出
かけた魚崎の花たち、立派なこの実から。
ビワ(枇杷) バラ科
d0261298_2151517.jpg

アガパンサス ユリ科 六甲アイランドでは咲き始めたばかり。
d0261298_21531046.jpg

ショクヨウカンナ(食用カンナ) カンナ科
d0261298_2153535.jpg

リアトリス キク科 別名 キリンギク(麒麟菊)、ユリアザミ(百合薊)、ヤリノホ(槍の穂)
d0261298_21535411.jpg

白もありました。
d0261298_21542355.jpg

マツムシソウ(松虫草) マツムシソウ科
d0261298_2155014.jpg

ムシトリナデシコ(虫取撫子) ナデシコ科 
d0261298_21554179.jpg

ユリ(百合) ユリ科
d0261298_21575976.jpg

インドハマユウ(印度浜木綿) ヒガンバナ科
d0261298_21583640.jpg

コムラサキ(小紫) クマツヅラ科 
d0261298_21594243.jpg

クロサンドラ キツネノマゴ科
d0261298_2202520.jpg

モミジバゼラニウム(紅葉葉ゼラニウム) フウロソウ科
d0261298_221837.jpg

コンロンカ(崑崙花) アカネ科
d0261298_221421.jpg

坂道の一角を使った花壇や門先の植え込み、鉢植えなどですが、それぞれ工夫して花の豊かな街です。

by nkyoshii | 2014-06-21 05:29 | 散歩道 | Comments(2)