ロクアイつれづれ2

nkyoshii.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:つれづれ( 762 )


2018年 04月 20日

CELEBRITY MILLENNIUM・チューリップ畑・独逸和蘭菖蒲・ハーデンベルギア・山吹・連翹

今年は気温が急激に上がって桜やチューリップなど春の花たち一斉に咲きだし、初夏の花も咲き花に囲ま
れる毎日です。住吉行きの時に撮った船とチューリップ畑です。1・9・13はクリックして下さいね。
CELEBRITY MILLENNIUM 90,963t 
12日に「北京・韓国・日本片道クルーズ」で来て居た船、17日に来て「11Days Japan & Far East」の為18日 18時高知に向け出航迄停泊中でした。六甲ライナーから

d0261298_6435367.jpg

チューリップ畑 18日 赤い花は完全に終わり、遅咲きの黄色が綺麗な縁取り残して居ます。
② 六甲ライナーから
d0261298_6463846.jpg

3月24日咲初めは赤

d0261298_6473023.jpg

アヤメがローズガーデンなどで咲き始めています。
ドイツアヤメ(独逸菖蒲) アヤメ科 住吉

d0261298_650219.jpg

ローズガーデン

d0261298_6504448.jpg


d0261298_651655.jpg

オランダアヤメ(阿蘭陀菖蒲) アヤメ科 橋脚下

d0261298_652339.jpg

去年は沢山咲きましたが、今年は続くでしょうか。

d0261298_6521421.jpg

アヤメはドイツ・オランダともに色姿が違う物もあるので捜しましょう。
ハーデンベルギア マメ科 向洋東公園
9 シロハラが居たこともあるところ、知らせ戴いていたのですが、この花に気付きませんでした。
d0261298_6561991.jpg


d0261298_6575357.jpg

ヤマブキ(山吹) バラ科 E4
「七重八重花は咲けども山吹の実の(蓑)ひとつだに無きぞ悲しき」を思い出す八重華やかです。

d0261298_714227.jpg

⑫一重
d0261298_721128.jpg

レンギョウ(連翹) モクセイ科 E4 この木も生け垣にして黄金の花永く続くところも。
13
d0261298_744686.jpg


d0261298_754895.jpg


by nkyoshii | 2018-04-20 07:15 | つれづれ | Comments(2)
2018年 04月 17日

大手鞠・西洋十二単・アマドコロ・芝桜・白山吹・ネモフィラ・クレマチス・金雀児

昨日はスーパーで買い物済ませた後梅田の百貨店で注文の季節の珍味受け取り、戻って「EVSひろば」
でお喋りの後住吉へ膝の注射とリハビリに、よく動きました。
ウエスト6番街街区角花壇、大木が倒れた跡に新しく木が植えられ、春から初夏の花たちも元気に。
オオデマリ(大手毬) スイカズラ科 
d0261298_7343861.jpg

d0261298_7354459.jpg

セイヨウジュウニヒトエ(西洋十二単) シソ科
d0261298_7363822.jpg

d0261298_7365051.jpg

アマドコロ(甘野老) ユリ科 茎が角張って引っかかり、鳴子百合は茎つるつる。
d0261298_73738100.jpg

ウエスト6番街東園芸愛好家宅道路隔てた西隣に、白い壁のような仙人草等クレマチスなどもお揃えのお宅。
シバザクラ(芝桜) ハナシノブ科
d0261298_7434013.jpg

シロヤマブキ(白山吹) バラ科
d0261298_7444236.jpg

d0261298_7445979.jpg
 
ネモフィラ・メンジーシー  ハゼリソウ科
d0261298_746215.jpg

d0261298_747388.jpg

早春咲きクレマチス ’カートマニージョー’ キンポウゲ科
d0261298_7483962.jpg

クレマチスがお好きなお宅、色々取り揃えておられます。
d0261298_750031.jpg

わが家前人工川沿いにこの花が咲き出しています。
エニシダ(金雀枝) マメ科
13
d0261298_7543392.jpg

d0261298_7545032.jpg
 
写真1.6.13はクリックして大きな画像ご覧下さい。

by nkyoshii | 2018-04-17 08:00 | つれづれ | Comments(2)
2018年 04月 14日

ヒアシンス・チューリップ・アオダモ・モクレン

鳥たちの情報と海岸行きが多くなっていたので花の取材が後手に回りがち、ここに挙げた花たちも撮
り頃を過ぎ始め、撮っても直ぐ挙げられなかった花たちです。
ヒアシンス ユリ科 鉢はW6西の園芸愛好家宅、残りは主に住吉です。
d0261298_05522.jpg

d0261298_063613.jpg

d0261298_065742.jpg

d0261298_07143.jpg

チューリップ ユリ科 アネモネやパンジーとともに住吉
d0261298_094030.jpg

d0261298_010404.jpg

d0261298_0312858.jpg

d0261298_0105682.jpg

W11 元小さな保育園があったところ
d0261298_0115163.jpg

アオダモ モクセイ科 E4 アラゲアオダモ(粗毛あおだも)花終わりかけ、この木だけ未だ。
d0261298_0134669.jpg

d0261298_014181.jpg
 
モクレン(木蓮) モクレン科 E5戸建ての塀からみえました。淡い色が優しいです。
d0261298_0154287.jpg

d0261298_0155739.jpg

赤紫の花が咲くのは「紫木蓮」と書いていますが、色の深みも色々名前も「白木蓮」とかの他に称
し方違いあるのかも知れません。
d0261298_0401772.jpg

d0261298_0201058.jpg


by nkyoshii | 2018-04-14 06:00 | つれづれ | Comments(2)
2018年 04月 11日

水仙色いろ

鳥達の旅立ちや子育ての準備に勤しむ姿見せて戴き、六甲アイランドでもお知らせ戴くので、撮り置
いた花達が蔵の中で愚図つき始めています。水仙も色いろ花の少ない頃から楽しませてくれました。
スイセン(水仙) ヒガンバナ科 
W5の戸建てに水仙や菖蒲を多く揃えておられるお宅があり、一部はそちらから。
d0261298_32083.jpg

d0261298_3202750.jpg

d0261298_3204394.jpg

d0261298_3205866.jpg

d0261298_321125.jpg

d0261298_51030.jpg

d0261298_3212880.jpg

d0261298_3214529.jpg

大きさも色いろ姿も「ラッパ」とついた大輪もあれば足許を飾るミニもあります。
d0261298_322326.jpg

d0261298_3241415.jpg

花弁の形にも変化が有り、香りが強いのもあり、思い出すだけでも未だ挙げ切れていません。
d0261298_3243498.jpg

ペチコートスイセン(ペチコート水仙) ヒガンバナ科
d0261298_4372194.jpg

桜も八重が盛りになっており、椿が終わる頃になりました。新しく咲いたのを見つけては撮っていま
すが、水仙はこれで暫くお休みにしておきましょう。
最期はウエスト6番街の花蘇芳と雲南黄梅の小径をクリックで大きくしてお通り下さい。
d0261298_3322985.jpg

ハナズオウ(花蘇芳) マメ科 
d0261298_458779.jpg

ウンナンオウバイ(雲南黄梅) モクセイ科
d0261298_3543230.jpg


by nkyoshii | 2018-04-11 06:10 | つれづれ | Comments(2)
2018年 04月 08日

大島桜・八重桜・シラー・紅要黐・チューリップ・ハクセキレイ・カルガモ・カイツブリ・ツバメ

昨日は荒れ模様朝から冷たく強い風が吹いていたのですが、その後六甲アイランドでは霰も降ったそう
です。暫くご無沙汰していたので野鳥園へ。
オオシマザクラ(大島桜) バラ科 未だ綺麗です。
d0261298_21593861.jpg

八重桜 高羽小学校
d0261298_221248.jpg

d0261298_2223653.jpg

シラー・ヒスパニカ ユリ科 別名 釣り鐘水仙  W2
d0261298_2233731.jpg

ベニカナメモチ(紅要黐) バラ科 神戸国際大学 日がさすと紅がきらめきます。
d0261298_2255818.jpg

久しぶりに波立って海水の色が薄緑に。
d0261298_227268.jpg

<チューリップ>
畑 昨日撮ったA花壇のは早くも一角散りました。
d0261298_225608.jpg

d0261298_2225226.jpg

イベント広場D花壇 右奥にオープンカフェも見えます、3月末でした。
d0261298_2225364.jpg

神戸レディースフットボールセンターB花壇 ここでもチューリップとサクラは残っていません。
d0261298_22262295.jpg

元保育園があったところチューリップ祭のグループでは無いと思いますが、咲き揃っています。
d0261298_22331074.jpg

鳥達
ハクセキレイ 海岸に居ますが羽が替わりつつあるのでしょうか、白黒交じり冴えません。
d0261298_223751100.jpg

d0261298_2238487.jpg

カルガモのように見えます、飛びたち直ぐは撮れません。。
d0261298_22383896.jpg

カイツブリ
d0261298_2239455.jpg

ツバメ 六甲アイランドで初めて見ました。
何度も来るのでトライ、小さくしか入れられませんが、どうにかそれらしき姿。又頑張りましょう。
d0261298_22395119.jpg

六甲アイランドでは未だ巣を見つけられません、野鳥園に餌と巣の土取りに来るので巣がある筈。

by nkyoshii | 2018-04-08 05:32 | つれづれ | Comments(2)
2018年 04月 03日

ばら寿司に茶碗蒸し・青木・ストレッチ?・生田神社・弓弦羽神社

一昨朔日の夕餉はご近所の奥様が茶碗蒸しとばら寿司美味しく作っておられわが家にも。
d0261298_0113782.jpg

朝のうちに連絡して下さるので昨日は夕食準備必要なし、自由時間たっぷり有り難い日でした。
昨日は10時半頃から1時間余り移動販売車のサポートを済ませてから郵便局と銀行へ。
アオキ(青木) ミズキ科 牝株 郵便局
d0261298_0174174.jpg

雄株
d0261298_0183239.jpg

郵便局へは姪の長男の妻がようやく学位取得して就職決まったとの知らせでお祝い送り。来年小学校
に上がる子と年子の2男児抱えようやく一応の卒業でしょうか。最近はこんなケースも増えているの
でしょう。お婆ちゃんになった姪もスッカリ子守に逆戻り、千里と京都頻繁に往来いつまで続きますか。
イベント広場でストレッチ? 先日ライナー下で激しい体操していましたね。
d0261298_0435472.jpg

<生田神社>
マガモ ♀ ♂
d0261298_028163.jpg

茶室への眺め この床几でゆっくりしたことありませんが、サクラの頃は格別です。
d0261298_0303214.jpg

池に枝垂れて
d0261298_031571.jpg

<弓弦羽神社>
d0261298_0331061.jpg

生田神社の帰りなので三宮から阪急で御影に、社殿裏から入るので参道いつもと反対の眺めです。
d0261298_0335991.jpg

d0261298_037278.jpg

この辺り香雪美術館など豪邸ばかり隣のモモ立派、初詣ではロウバイを撮りました。
d0261298_0391929.jpg

d0261298_0393921.jpg


by nkyoshii | 2018-04-03 06:06 | つれづれ | Comments(2)
2018年 03月 30日

蕎麦三人会・日本最古のコーヒー店・常緑の秋・元町の蒲公英と桃・六アイ大島桜・アーモンドとユリノキ・菫

暖かで好天続き、「花冷え」も「菜種梅雨」ってありましたが・・・
昨日は会社卒業して23年にもなりますが、去年の手術後から始まり4度目でしょうか「蕎麦三人会」が、
元町の蕎麦屋で。二人は汁蕎麦冷たいのを選んだのは一人。生ビールグラスいっぱい付けて2時間は粘った
でしょうか。
d0261298_5145170.jpg

男二人と女ひとりの会ですが、会社創業時入社以来の付き合いが復活、加齢に伴って同じ話が多いのですが、喋り足りなくて喫茶店の二次会。美味しかったですが、よく食べましたね。
d0261298_5174413.jpg

11時半元町駅集合から15時近くまで。元町本通りいつもの店先ですが・・・こんなものを
日本最古の珈琲店 
今使って居る教科書に掲載の店とか、この前通る時はお茶を煎るいい香り漂い、サービスのお茶持った店員さんが立っています。
d0261298_5232336.jpg

花の季節は常緑の秋で、落ち葉一斉。神戸ファッションビル
d0261298_5244237.jpg

元町駅 西出口
タンポポ(蒲公英) キク科
d0261298_52608.jpg

モモ(桃) バラ科 舗道を彩っています。
d0261298_5273926.jpg

一寸色が深いです。
d0261298_5275013.jpg

黄砂来て居ても何とか青い空。
d0261298_5281810.jpg

六甲アイランド公園の花
アーモンド バラ科
d0261298_5302475.jpg

オオシマザクラ(大島桜) バラ科 ソメイで有名ですがこちらも頑張って居ます。
d0261298_5313524.jpg

ユリノキ(百合の樹) モクレン科 蕾見えます。
d0261298_552950.jpg

スミレ(菫) スミレ科 小磯美術館前
d0261298_5523693.jpg

d0261298_5531375.jpg


by nkyoshii | 2018-03-30 05:54 | つれづれ | Comments(2)
2018年 03月 26日

チューリップ変わり咲き・ウォークイベント・カイツブリ・インラインスケート

暖かいとの予報でしたが、風は冷たく軽装での日陰は涼しすぎるほど。一昨日マンションで色々お世
話になった方のお別れ会があり、準備と受付を担当したので後始末残って、全て終わるのが今日にな
りました。
日曜日野鳥園へ出掛けようと外に出ると、わが家前を通りチューリップ花壇眺めながら歩く人の列続
きます。「チューリップ祭」見物かと思って居たら通り過ぎ・・・
変わり咲きのチューリップ 八重やレース状の花弁
d0261298_23493934.jpg

d0261298_2349569.jpg

d0261298_2350954.jpg

d0261298_23502727.jpg

d0261298_23504277.jpg

ポーアイ・六甲アイランドライナー沿線の魅力再発見のイベント。昨日のゴールはマリンパーク駅下。
目前建物南の駅下がゴール受付
d0261298_23534747.jpg

d0261298_235404.jpg

野鳥園の池 カイツブリが単独行動 カルガモのペアらしきが数組居ますが殆ど眠っています。
d0261298_23561421.jpg

大きなホシハジロ潜水を巧く撮られた写真見て真似を、潜る前から連写と書いておられましたが・・・
d0261298_23585025.jpg

もうひと息水面に顔が入る前が欲しいですね。
d0261298_001580.jpg

d0261298_003948.jpg

直ぐに潜るので何度もチャンスありましたが、早すぎか間に合っていません。
d0261298_005483.jpg

インラインスケートと言うらしいです。
カイツブリの潜水撮影諦めて帰りかけた海岸、行きに見た時は休憩中でしたが最期の仕上げのようでした。
d0261298_05537.jpg

未だ全員が飛び上がったり出来ませんが・・・この子は何とか転ばず着地しました。
d0261298_06840.jpg

子ども達は身軽で羨ましいです。

by nkyoshii | 2018-03-26 06:14 | つれづれ | Comments(2)
2018年 03月 07日

ウメジョビ・住吉花壇とアイランドの水仙やローズマリー・

去年秋、島にやって来たジョウビタキ♂が梅林で鉢合わせ、激しいバトルして居るところに逢いました。
それ以後2羽の争い見ていませんが、ジョウビタキの♂梅林で逢う機会多いです。昨日梅も見頃近く、
メジロは来て居ませんがジョビ男が姿見せました、暖かなのですっきりしたいでたち。
d0261298_659515.jpg

暫く付き合ってくれました。梅を見ながら犬の散歩などの人に奥の茂みへ、北の梅見ていると又姿。
d0261298_724517.jpg

帰ってディスプレイで見るとすっきりとぼってり、数分で変わるものなのか??同じと言えばですが。
d0261298_74244.jpg

住吉花壇 整えてから日が経ったので落ち着いた華やぎ見せています。クリックで大きくなります。
d0261298_737513.jpg

スイセン(水仙) ヒガンバナ科
d0261298_7131356.jpg

d0261298_7133289.jpg

d0261298_713494.jpg

E5
d0261298_7142415.jpg

d0261298_7174413.jpg

こちらは最近多く植えられているミニ、垣根越しに撮らせて戴きました。
d0261298_7175857.jpg

廊下飾り棚水仙 巧く作っておられます。
d0261298_7185338.jpg

ヘレボルス・ニゲル キンポウゲ科 別名クリスマスローズ
住吉花壇
d0261298_7202316.jpg

d0261298_7204716.jpg

六甲アイランド・ローズガーデン バラ咲き出すまでの継ぎに植え込まれました。
d0261298_722147.jpg

d0261298_7223563.jpg

d0261298_7231545.jpg

d0261298_7233969.jpg

d0261298_7235332.jpg

殆ど俯いて咲く花、撮り難いのですが住吉のように植木鉢で高くなっているもの、最近上向いている
花が現れてきました。

by nkyoshii | 2018-03-07 07:31 | つれづれ | Comments(2)
2018年 03月 02日

生田茶会煎茶席

花や鳥の動きに春を感じ始めたと思ったら三月に入っていました。春の嵐が日本列島吹き荒れたようで、
昨日の冷たく強い風にほんの近くで開かれた茶会に出掛けただけですが疲れ激しく感じました。
生田茶会 珍しく煎茶でした。初釜の時などに使う立礼席、こちらでは「客堂法(きゃくどうほう)」と言うそうです。
受付の花器 花器の下に何か敷いています。
d0261298_013813.jpg

d0261298_013271.jpg

本席床 立雛 
d0261298_23131210.jpg

正面向かず顔見合わせた姿面白いですね。
d0261298_6215625.jpg

花器 獅子牡丹唐草遊環 二代真葛香山造 これにも敷いてありますね。花は置合花(桜と桃)
d0261298_23173017.jpg

詳しいことはこちらを、この流派独特の言い方など興味深いです。クリックで大きくなります。
d0261298_2341138.jpg

d0261298_2318482.jpg

菓子 つるや製ですが本来亭主が手作りする物を菓子屋に特注、菓子銘は亭主が席の趣向に合わせて
決めるそうです。茶銘と共に亭主がこのように書き出します。
d0261298_23274610.jpg
 
d0261298_0231135.jpg

一服目の前は菓子に手を付けません。一服お茶の香りと味楽しんだ後菓子戴きます。このような僅かの茶、菓子はもっと小さいのがふさわしいそうですが、菓子屋が作ったので大きい物になったとか。
d0261298_0235488.jpg

茶碗等可愛いでしょう、急須は翡翠でしょうか。玉露の茶葉がお湯でゆっくり開くのを待つ間に、道具類に手を加えます。
d0261298_024274.jpg

d0261298_0281369.jpg

脇床 忘味応知滋味濃
d0261298_23445168.jpg

久しぶりの煎茶席、珍しい作法嬉しいひとときでした。

by nkyoshii | 2018-03-02 06:00 | つれづれ | Comments(2)